チーム医療への参画

感染制御チーム(ICT)

感染制御チーム薬品01 医師・看護師・検査技師・薬剤師にて構成されており、院内の耐性菌検出情報に基づき活動を行っています。院内で使用されている手指消毒薬のサーベイランスを行い、週に1回の院内ラウンドでは薬剤師として消毒薬の適正使用や配置薬の管理状況などもチェックしています。

院内の感染制御活動を円滑に行うために感染制御トレーニングコースを設け、標準予防策・経路別予防策・個人防護具の使用などを教育して、薬剤師においては病棟薬剤管理時に活かせるように教育活動も行っています。



抗菌薬適正使用チーム(AST)

感染症における治療効果の向上、副作用防止、耐性菌出現リスクの軽減を目的として抗菌薬適正使用を支援するチームです。適正使用の確認、医療スタッフからの相談対応、抗菌薬治療のアドバイスなどを行っています。主なメンバーは医師・看護師・臨床検査技師・薬剤師であり、その中で薬剤師は薬の専門家として抗菌薬の投与量や相互作用の確認、抗菌薬選択の補助、効果・副作用のモニタリングなどを行っています。


緩和ケアチーム

緩和薬物療法認定薬剤師2名が、毎週火曜日他職種とのカンファレンスとラウンドに参加し、常時十数名の患者さんの緩和的サポートを行っています。その他、個別に外来・病棟からの相談にも応じ、病棟業務等のフォローも行っています。また、緩和薬物療法認定薬剤師取得を目指し、何名かの若手薬剤師が勉学に励んでいます。


栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチーム01 専属の管理栄養士を含む多職種で週に1回ミーティングを行った後に病棟をラウンドし、介入患者さんの栄養状況について担当看護師と情報交換を行います。必要な栄養素や栄養量、投与経路の選択は患者さんによって異なります。そのため、薬剤使用の側面から患者さんにとってより良い栄養状態を保てるよう取り組んでいます。



摂食嚥下チーム

摂食嚥下チームハンドブック等01 医師、言語聴覚士、看護師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、事務部門からなり、摂食嚥下機能訓練及び指導を行い、患者さんの生活の質の向上や社会復帰を円滑にすることを目的としています。薬剤師の具体的な役割としては、与薬方法の検討(お薬を内服しやすいよう剤形変更、経管投与における簡易懸濁法など)、 味覚障害や嚥下障害の原因になる薬剤の確認などで、その他にも必要に応じ相談応需を行います。また、病棟担当薬剤師とも適宜連携をとり、内服管理や薬剤調整の相談にも乗っています。



災害対策チーム(DMAT)

当院は災害拠点病院に指定されており、大規模地震などの災害時に県下の災害医療の中心して活動することとなっています。DMATの中で薬剤師もチームの一員(神奈川DMAT-L)として活動しています。薬剤師の主な活動内容は災害訓練への参加・指導(院外・院内)、災害備蓄薬の整備などです。当院薬剤部では、災害対策チーム所属以外の薬剤師も積極的に院内災害訓練に参加しており、災害がいつ起こっても対応できるように準備しています。





関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
(眼科のみ10:30まで)
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333