消化器内科

治療方針

地域の中核病院として、消化器疾患全般にわたる高精度の診療と最先端の治療を目指します。消化管や胆膵疾患に対する内視鏡的診断・治療のほか、肝臓疾患に対する超音波や血管造影などによる診断・治療を含めた消化器疾患全般の診療を行ない、外科・放射線科との緊密な協力体制のもとに消化器疾患すべてに対応します。また、救急疾患に対して24時間体制で緊急対応し、胃・十二指腸潰瘍からの出血、食道・胃静脈瘤破裂に対する緊急内視鏡的止血術などの治療をします。

1上部消化管内視鏡検査

 上部消化管内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)は、地域の医療機関の先生方からの直接のご予約が可能です。また、患者さんの負担軽減を考慮し、従来の経口内視鏡に加えて鎮静剤投与下での検査も行っていますので、ご予約時にご相談ください。 <ご予約に関する詳細は「上部消化管内視鏡検査」のページをご参照ください。>

 ご紹介患者さんについては初めて来院される場合もスムーズに安心して受診できるように、当院「地域医療連携室」を介して検査予約しています。これにより待ち時間が短縮されます。また、ご紹介いただいた患者さんは検査後すみやかに地域の先生方に診療していただくことを基本としています。
なお、下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡検査)につきましては「地域医療連携室」を介した検査予約はしていませんので、当院消化器内科にご紹介ください。

2腹部超音波検査

腹部超音波検査も各地域の医療機関の先生方からの直接のご予約が可能です。この場合も当院「地域医療連携室」へお電話ください。
胃カメラと超音波検査をあわせてご予約いただくことも可能です。

診療科の特色

1早期胃がん、大腸がんの内視鏡的治療

短期滞在での内視鏡治療が可能です。早期胃がん、胃ポリープ゚(腺腫)、早期大腸がん、大腸ポリープ(腺腫)に対して内視鏡的胃粘膜下層剥離術(ESD)や内視鏡的粘膜切除術(EMR)で治療します。

2胆道・膵臓疾患の診断・治療

胆道・膵臓疾患の診断は従来の腹部エコー、CT、MRIに加えて超音波内視鏡(EUS)を導入し、腫瘍性病変には超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUS-FNA)を行い病理学的診断します。治療は内視鏡的逆行性胆道造影(ERCP)関連手技や経皮的治療を迅速かつ安全に行うように努めています.急性膵炎に対しては各科と連携し総合的に治療を行います。

3炎症性腸疾患の治療

潰瘍性大腸炎・クローン病に対して、5-ASA製剤、ステロイド、免疫抑制剤、生物学的製剤、白血球除去療法などを適切に組み合わせて治療します。

4肝がん、その他の肝疾患に対する診断・治療

肝がんに対し、ラジオ波焼灼術(RFA)、肝動脈塞栓術(TACE)、分子標的治療薬投与を行います。特にRFAは2000例以上の経験があり、他施設で治療困難な症例でも良好な局所制御が得られています。また、C型慢性肝炎の直接作用型抗ウイルス薬、B型慢性肝炎の核酸アナログ製剤による抗ウイルス療法のほか、非アルコール性脂肪性肝炎の超音波(肝硬度や超音波減衰度測定)検査と肝生検による診断に積極的に取り組んでいます。他にも自己免疫性肝疾患(自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎など)の治療も行っています。

5胃潰瘍・十二指腸潰瘍のピロリ菌除菌

ヘリコバクター・ピロリ菌の検査を実施し、消化性潰瘍や萎縮性胃炎の患者さんの除菌療法を行ない胃がんのリスクも低下させます。

6進行がんの治療

病変が進行し外科手術が困難な進行がんに抗癌剤・分子標的治療薬による化学療法、放射線治療、緩和治療を行います。
可能な患者さんには 外来通院での化学療法をします。その他、腫瘍で生じた消化管狭窄に対してステント挿入術なども行っています。

7その他

逆流性食道炎の投薬治療、食道アカラシアの内視鏡的バルーン拡張術、粘膜下腫瘍のEUS-FNA診断や分子標的治療、食道静脈瘤の硬化療法(EIS)・結紮療法(EVL)、カプセル内視鏡検査による小腸疾患の診断、保存的治療が可能な大腸憩室炎・憩室出血、虚血性腸炎、感染性腸炎の治療、腸閉塞に対するイレウス管挿入、過敏性腸症候群の投薬治療、肝膿瘍に対する経皮的ドレナージ術、胆道疾患に対する経皮経肝胆道ドレナージ術(PTCD)など、多岐にわたる診療を行なっています。

診療実績

手術名称 2018年度
件数
1 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 245
2 内視鏡的胆道ステント留置術 86
3 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 59
4 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 53
5 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 41
6 内視鏡的消化管止血術 31
7 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 30
8 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 20
9 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 20
10 内視鏡的胆道結石除去術(その他) 17
11 胆嚢外瘻造設術 17
12 小腸結腸内視鏡的止血術 14
13 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超える)(その他) 9
14 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 7
15 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 7
16 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 7
17 創傷処理・皮膚採取・骨格筋採取(筋肉、臓器に達しない、長径5cm未満) 6
18 食道・胃静脈瘤手術(血行遮断術を主とする) 6
19 経皮的肝膿瘍ドレナージ術 5
20 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 4
MDC6名称 2018年度
件数
1 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 294
2 胆管(肝内外)結石、胆管炎 126
3 膵臓、脾臓の腫瘍 105
4 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 99
5 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 98
6 ヘルニアの記載のない腸閉塞 55
7 胃の悪性腫瘍 53
8 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 46
9 胆嚢水腫、胆嚢炎等 43
10 急性膵炎 41
11 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 41
12 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 38
13 ウイルス性腸炎 34
14 誤嚥性肺炎 31
15 虚血性腸炎 30
16 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 28
17 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 27
18 その他の消化管の障害 20
19 腎臓または尿路の感染症 19
20 食道の悪性腫瘍(頸部を含む) 17

ガイドライン一覧


   ● 消化器内科診療ガイドライン(pdf)


診療スタッフ


池原 孝(いけはら たかし)
**
役   職 部長
専 門 分 野
消化器病
肝臓病
肝癌のラジオ波焼灼療法
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本超音波医学会
認定医
専門医・指導医・関東支部評議員
専門医
専門医・指導医
専門医・指導医・代議員          
資   格
医学博士
身体障害者指定医(肝機能障害)
医師緩和ケア研修修了者
東邦大学講師(赴任)
臨床研修指導医
東邦大学指導医
出 身 大 学
東海大学 平成4年卒業
メ ッセージ 患者さんにやさしい医療を提供します。
論文や著書
Ikehara T: Safe and Accurate RFA with New Ultrasound Devices. APASL single topic conference 2018 on HCC, Yokohama, Japan, 5, 2018
Ikehara T, Watanabe M, Shiozawa K, Matsukiyo Y, Wakui N, Ogawa M, Sato Y, Igarashi Y: Extrahepatic Seeding after Percutaneous Radiofrequency Ablation of Subcapsular HCC. APASL single topic conference 2018 on HCC, Yokohama, Japan, 5, 2018
Shigiyama F, Kumashiro N, Furukawa Y, Funayama T, Takeno K, Wakui N, Ikehara T, Nagai H, Taka H, Fujimura T, Uchino H, Tamura Y, Watada H, Nemoto T, Shiraga N, Sumino Y, Hirose T: Characteristics of hepatic insulin-sensitive nonalcoholic fatty liver disease. HEPATOLOGY COMMUNICATIONS 2017. 1(7):634-647
Shiozawa K, Watanabe M, Ikehara T, Yamamoto S, Matsui T, Saigusa Y, Igarashi Y, Maetani I: Efficacy of intra-arterial contrast-enhanced ultrasonography during transarterial chemoembolization with drug-eluting beads for hepatocellular carcinoma. World Journal of Hepatology 2018. 27(10):95-104 


三輪 純(みわ じゅん)
**
役   職 部長
専 門 分 野
消化管、消化器内視鏡診断と治療
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化管学会
日本ヘリコバクター学会
認定医・総合内科専門医 ・指導医
専門医・指導医・学会評議員
専門医・指導医・学術評議員
胃腸科認定医・専門医・指導医
H.pylori感染症認定医
資   格
医学博士
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・指導責任者
難病指定医
身体障害者指定医(小腸機能障害)
臨床研修指導医
医師緩和ケア研修修了者
ICR臨床研究入門修了者
出 身 大 学
東海大学 平成2年卒業 
メッセージ 全人的医療を心がけています。 
論文や著書
“内視鏡的胃炎”と“慢性胃炎”をどう考えるか ~内視鏡的慢性胃炎分類の試み~ 三輪 純、貝瀬 満、田尻久雄 臨床消化器内科 19(6)673-678, 2004
消化器癌の予防医学 ~胃癌の一次予防~ 三輪 純、貝瀬 満、田代 淳、冨田高重、松原康朗、田尻久雄 臨床消化器内科 21(6)667-672, 2006
Gastric cancer detected after Helicobacter pylori eradication Jun Tashiro, Jun Miwa, Takashige Tomita, Yasuo Matsubara, Yasuhiko Oota Digestive Endoscopy 19 167-173, 2007
GERDに対するHelicobacter pylori 除菌療法 三輪 純、田上大祐、田代 淳、手島一陽、金原 猛、松原康朗、新井雅裕 Helicobacter Research 15(1) 42-46, 2011
Influence of Helicobacter pylori status and eradication on the serum levels of trefoil factors and pepsinogen test: serum trefoil factor 3 is a stable biomarker Kaise M, Miwa J, Fujimoto A, Tashiro J, Tagami D, Sano H, Ohmoto Y Gastric Cancer 16(3) 329-337, 2013
急性腹症 三輪 純 消化器疾患ビジュアルブック 落合慈之監修 第2版 学研メディカル秀潤社 233-234, 2014
顆粒球吸着療法が奏功した壊疽性膿皮症合併潰瘍性大腸炎の一例 山下 綾、中山千恵美、田代 淳、三輪 純 Progress of Digestive Endoscopy 90(1) 130-131, 2017


金子 麗奈(かねこ れな)
**
役   職 副部長
専 門 分 野
肝疾患
消化器病全般
労働衛生
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本公衆衛生学会
​日本産業衛生学会
​日本職業・災害医学会
認定医・指導医
専門医・関東支部評議員
専門医・指導医
専門医
専門医
会員
会員
資   格
医学博士
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本医師会認定産業医
労災補償指導医
臨床研修指導医
全国労災病院臨床研修指導医
労働衛生コンサルタント
出 身 大 学
日本医科大学 平成16年卒業
メッセージ 時に船頭となり、時に伴足し、時に扶翼する医療を。
論文や著書
R Kaneko, H Mitomi, N Nakazaki, Y Yano, M Ogawa, Y Sato. Primary Hepatic Lymphoma Complicated by a Hepatic Inflammatory Pseudotumor and Tumor-Forming Pancreatits. J Gastrointestin Liver Dis, 2017.26(3):299-304
R Kaneko, N Nakazaki, R Omori, Y Yano, M Ogawa, Y Sato. The Effect of New Therapeutic and Diagnostic Agents on the Prognosis of Hepatocellular Carcinoma in Japan-An Analysis of Data from the Kanagawa Cancer registry. Asian Pacific Journal of Cancer Prevention 2017.18(9):2471-2476
R Kaneko, N Nakazaki, R Omori, Y Yano, M Ogawa, Y Sato. Efficacy of direct-acting antiviral treatment fore chronic heaptits C: A single hospital experience. World J Hepatol 2018 10(1):88-94
R Kaneko, Y Sato, Y Kobayashi. Cholangiocarcionoma Prognosis Varies over Time Depending on Tumor Site and Pathorolgy. J Gastrointestin Liver Dis. 2018.27(1):59?66
Ikeda H, Watanabe T, Shimizu H, Hiraishi T, Kaneko R, Baba T, Takahashi H, Matsunaga K, Matsumoto N, Yasuda H, Okuse C, Iwabuchi S, Suzuki M, Itoh F. Efficacy of ledipasvir/sofosbuvir with or without ribavirin for 12 weeks in genotype 1b HCV patients previously treated with a nonstructural protein 5A inhibitor-containing regimen. Hepatol Res. 2018 Mar 5. Doi:10.111/hepr.13074.[Epub ahead of print]


鎌田 健太郎(かまだ けんたろう)
**
役   職 副部長
専 門 分 野
消化器病
胆・膵疾患の診断と治療
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本胆道学会
日本膵臓学会
総合内科専門医
専門医
専門医・指導医
専門医
会員
会員
資   格
医学博士
日本がん機構認定機構 がん治療認定医
医師緩和ケア研修修了者
身体障害者指定(肝機能障害)
難病指定医
出 身 大 学
秋田大学 平成16年卒業 
メッセージ 患者さんに寄り添う医師であること心がけます。 
論文や著書
鎌田 健太郎,糸井 隆夫,森安 史典. 胆道鏡を用いた胆管疾患の診断・治療の現状と展望. 日本消化器内視鏡学会雑誌,2015;57(4):1135-49
Kamada K, Itoi T, Moriyasu H. Actual diagnosis of gallbladder cancer. Nihon Rinsho, 2015 Mar;73 Suppl 3:561-6.
Mukai S, Itoi T, Kamada K, et al. Successful extraction of a carelessly impacted bile duct stone using sphincterotome. Gastrointest Endosc. 2015;81(6):1486-7
Sato W, Kamada K, Goto T, Ohshima S, Miura K, Shibuya T, Dohmen T, Kanata R, Sakai T, Chiba M, Sugimoto Y, Minami S, Ishiyama K, Hashimoto M, Ohnishi H. Efficacy of combined balloon-occluded retrograde transvenous obliteration and simultaneous endoscopic injection sclerotherapy.Intern Med, 2015;54(3):261-5
Yoshida T, Kamada K, Miura K, et al. Successful treatment of hepatocellular carcinoma with lung metastasis using hepatic and bronchial artery infusion chemotherapy. Intern Med. 2014;53(21):2493-7.


矢野 雄一郎(やの ゆういちろう)
**
役   職 副部長
専 門 分 野
消化管疾患
内視鏡治療
癌治療
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本内視鏡学会
認定医・総合内科専門医
専門医
専門医           
資   格
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
臨床研修指導医
医師緩和ケア研修修了者
ICLSコース修了者
出 身 大 学
昭和大学 平成17年卒業


大森 里紗(おおもり りさ)
**
役   職 医員
専 門 分 野
消化器内科
肝臓
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本内視鏡学会
日本肝臓学会
認定医
専門医
専門医
専門医
資   格
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
医師緩和ケア研修修了者
ACLSコース修了者
出 身 大 学
昭和大学 平成18年卒業


木村 祐介(きむら ゆうすけ)
**
役   職 医員
専 門 分 野
消化器内科
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
認定医
専門医
資   格
医師緩和ケア研修修了者
ICLSコース修了者
出 身 大 学
弘前大学 平成24年卒業


小林 輝(こばやし ひかり)
**
役   職 医員
専 門 分 野
消化器内科
所 属 学 会 日本内科学会
会員
出 身 大 学
東邦大学 平成27年卒業


辛島 遼(からしま りょう)
**
役   職 医員
専 門 分 野 消化器内科
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
認定医
会員
会員
資   格
医師緩和ケア研修修了者
ICLSコース修了者
出 身 大 学
東邦大学 平成27年卒業


岩田 俊太朗(いわた しゅんたろう)
**
役   職 医員
専 門 分 野
消化器一般
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本内視鏡学会
会員
会員
会員
資   格
医師緩和ケア研修修了者
ICLSコース修了者
ACLSコース修了者
出 身 大 学
東邦大学 平成28年卒業


鈴木 啓太(すずき けいた)
**
役   職 医員
専 門 分 野
消化器内科
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
会員
会員
会員
資   格
医師緩和ケア研修修了者
ICLSコース修了者
出 身 大 学
東邦大学 平成28年卒業


佐藤 譲(さとう ゆずる)
**
役   職 名誉院長
専 門 分 野
消化器病学
肝臓病学
ウイルス性肝炎
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本肝臓学会
日本職業・災害医学会
認定医・指導医
専門医
専門医・指導医
労災補償指導医
資   格
 
出 身 大 学
東京大学 昭和52年卒業
メ ッセージ 丁寧で分りやすい説明を行うよう心がけています。
論文や著書
若年性胆管癌の疫学的特徴について―職業性胆管癌調査の予備的解析  日消誌 111:510~511 2014: 金子麗奈, 中崎奈都子,田川徹平,大石千歳,原 浩二,金 民日,草柳 聡,馬場俊之,小川正純,佐藤 譲
当院における進行肝細胞癌に対するソラフェニブと局所療法を併用した集学的治療による成績の検討 第49回日本肝臓学会総会 2013.6.6 東京 :金子麗奈,中崎奈都子,原 浩二,金 民日,佐藤 譲
(独)労働者健康福祉機構入院患者病職歴データベースにおける印刷業の胆管癌症例 第53回近畿産業衛生学会 2013.11.2  京都:(久保田昌嗣),金子麗奈,佐藤 譲
A new index of abdominal obesity which effective predicts risk of colon tumor development in female Japanese.Asian Pac J Cancer Prev 15:1005~1010 2014 :R.Kaneko,N.Nakazaki,T.Tagawa,C.Ohishi,S.Kusayanagi,M.Kim, T.Baba,M.Ogawa,Y.Sato




関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
(眼科のみ10:30まで)
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333