腎臓内科

診療体制

日本腎臓学会、日本透析医学会の専門医、指導医を中心とした計5名のスタッフにより主に以下の疾患を対象とした診療を行っています。

  1. 急性および慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群
  2. 急性および慢性腎不全(CKD:慢性腎臓病)
  3. 水・電解質・酸塩基平衡異常
  4.  血液透析患者さんのバスキュラーアクセストラブル

治療方針

上記疾患を診断し、その患者さんに対して最適な治療方法(食事療法、薬物療法など)を選択します。また末期腎不全の患者さんに対しては、血液透析療法もしくは腹膜透析療法への導入をしております。

  1. 血液および尿所見の異常から糸球体腎炎やネフローゼ症候群が疑われた場合には腎生検を行い、病理診断を行った後、各腎炎に最も適切な治療法を選択し治療します。
  2. 慢性腎臓病(CKD)に対しては、末期腎不全に少しでも至らぬよう薬物療法及び低蛋白食を中心とした指導を行い、さらには心血管病の有無を検査し、病変が有れば早期に対処します。
  3. 末期腎不全に至った場合は、血液透析もしくは腹膜透析療法の各々の利点欠点を説明したうえで、患者さんに選択していただきます。導入時指導として、食事、生活指導を行います。

診療科の特色(得意分野)

1各種透析療法

血液透析: 基本的には導入のみを行いますが、合併症の状況などに応じて維持透析も行っています。シャント手術に加え、シャントPTAも積極的に行っています。
腹膜透析: 腹膜透析外来に毎月通院いただき定期的に指導、管理を致します。

2慢性糸球体腎炎

病理診断結果にしたがいステロイド治療、降圧療法をはじめとした薬物療法、さらには食事療法を行います。特にIgA腎症に対しては、積極的に扁桃腺摘出術およびステロイドパルス療法を行っています。 難治性ネフローゼ症候群に対しては積極的にリツキサン投与を行っています。

3慢性腎臓病

CKD診療ガイドラインに則った診断、治療が可能です。また、低蛋白食など栄養士による指導が受けられます。 特に中原区では市立井田病院、日本医大武蔵小杉病院と共通の病診連携パスを用い診療に活用しています。常染色体優性多発性のう胞腎に対しては、積極的にサムスカ投与を行っています。

4特殊治療

 以下の血液浄化療法も当院他科と連携し行っています。
  1. 潰瘍性大腸炎に対する顆粒球除去療法(当院消化器科受診後に行ないます。)
  2. 開塞性動脈硬化症、巣状糸球体硬化症に対するLDLアフェレーシス
  3. 血漿交換療法など

主な検査と医療機器

主な検査:腎生検
血液透析装置 13台(その他、on-line血液濾過透析、アセテートフリーバイオフィルトレーション、血液吸着療法などにも対応可能)
持続的血液濾過透析装置 2台

診療実績

手術名称 2018年度
件数
1 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 158
2 内シャント又は外シャント設置術 59
3 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 15
4 上腕動脈表在化法 10
5 血管結紮術(その他) 9
6 内シャント血栓除去術 8
7 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 4
8 口蓋扁桃手術(摘出) 3
9 創傷処理・皮膚採取・骨格筋採取(筋肉、臓器に達する)(長径5cm以上10cm未満)、腱縫合術(切創等の創傷)、自家血管採取料 3
10 創傷処理、皮膚採取、骨格筋採取(筋肉、臓器に達する)(長径5cm未満) 2
11 腹腔鏡下腸管癒着剥離術 2
12 内視鏡的消化管止血術 2
13 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 2
14 経尿道的尿管ステント留置術 2
15 創傷処理・皮膚採取、骨格筋採取(筋肉、臓器に達する、長径10cm以上、その他) 2
16 創傷処理・皮膚採取・骨格筋採取(筋肉、臓器に達しない、長径10cm以上) 2
17 気管切開術 1
18 デブリードマン(100cm2未満) 1
19 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 1
20 小腸結腸内視鏡的止血術 1
MDC6名称 2018年度
件数
1 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 316
2 手術・処置等の合併症 66
3 心不全 25
4 急性腎不全 24
5 肺炎等 13
6 腎臓または尿路の感染症 13
7 誤嚥性肺炎 11
8 敗血症 10
9 その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 8
10 ネフローゼ症候群 7
11 ウイルス性腸炎 5
12 徐脈性不整脈 5
13 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 4
14 貧血(その他) 3
15 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 3
16 先天性嚢胞性腎疾患 2
17 四肢筋腱損傷 2
18 詳細不明の損傷等 2
19 低カリウム血症 2
20 その他の副腎皮質機能低下症 2

ガイドライン一覧


   ● 腎臓内科診療ガイドライン(pdf)


診療スタッフ



横地 章生(よこち あきお)
**
役   職 部長
専 門 分 野
腎疾患全般
所 属 学 会 日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
日本職業・災害医学会
認定医、総合内科専門医・指導医
専門医・指導医
専門医・指導医
評議員
資   格
臨床研修指導医
全国労災病院臨床研修指導医
出 身 大 学
昭和大学 平成13年卒業
メ ッセージ 健康診断での異常や、慢性腎臓病、腎炎 ネフローゼ、腎不全、腎不全合併症、急性血液浄化療法など幅広く対応したいと思います。
腎臓の病気は、自覚症状が無いことが多いです。心配なことがありましたら早めにご相談ください。
論文や著書   
矢尾 淳(やお あつし)
**
役   職 副部長
専 門 分 野
腎疾患
血液浄化療法
バスキュラーアクセスの作製・管理・修復
災害医療
所 属 学 会 日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
日本感染症学会
日本緩和医療学会
日本集中治療医学会
日本災害医学会
日本職業・災害医学会
認定医・指導医
専門医
専門医
会員
会員
会員


資   格
日本DMAT隊員(統括DMAT登録者)
臨床研修指導医
全国労災病院臨床研修指導医
出 身 大 学
岡山大学 平成18年卒業
メッセージ 地域の腎不全患者さんが安心できる医療を提供できるよう迅速に対応します。
また血液透析患者さんについてはバスキュラーアクセス(シャントなど)に不安や悩み等ありましたら、専門外来(バスキュラーアクセス外来)で診察させていただきますので、まずは通院中の透析医療機関でご相談ください。
論文や著書 投稿: 内科医によるバスキュラーアクセスの作製・管理・修復の試み
   ~地域の透析患者を守る~「別冊 腎透析」
久野 芳裕(くの よしひろ)
**
役   職 医員
専 門 分 野
所 属 学 会 日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
認定医
会員
会員
資   格
臨床研修指導医
出 身 大 学
昭和大学 平成19年卒業
メッセージ
論文や著書   


濱田 透眞(はまだ とおま)
**
役   職 医員
専 門 分 野
腎臓一般
透析一般
所 属 学 会 日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析学会
認定医・総合内科専門医・指導医
専門医
専門医
資   格
臨床研修指導医
出 身 大 学
昭和大学 平成21年卒業
メッセージ  
論文や著書  


阿部 真希(あべ まき)
**
役   職 医員
専 門 分 野
所 属 学 会 日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
登録医
登録医

資   格
JMECC修了
出 身 大 学
  
メッセージ  
論文や著書  


鎌田 一寿(かまた かずひさ)
**
役   職 医員(非常勤)
専 門 分 野
 
所 属 学 会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会  
総合内科専門医
専門医
専門医
資   格
 
出 身 大 学
北里大学 平成7年卒業 
メッセージ  
論文や著書  









関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
(眼科のみ10:30まで)
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333