言語聴覚療法(ST)

言語聴覚療法とは

言語聴覚療法では,コミュニケーションに関わる障害(失語症・構音障害)、食物の咀嚼や飲み込みに関わる障害(摂食・嚥下障害)の評価や、個々の患者さんに合わせたリハビリテーションを行っています。対象は主に脳血管障害(詳しくは 『脳卒中のリハビリテーション』 参照)、神経筋疾患、廃用症候群(長期に及ぶ安静状態によって生じる心身の機能低下)を持つ患者さんです。

  1. 失語症のリハビリテーション
    各種検査結果をもとに、「聴く」「話す」「読む」「書く」の練習を組み合わせて実施します。
  2. 構音のリハビリテーション
    発声・口腔機能・コミュニケーション能力などを評価し、口腔器官の体操や発声、音読の練習や、コミュニケーションの補助手段の検討を行います。
  3. 摂食・嚥下機能のリハビリテーション
    水や食物を用いた各種検査や、口腔器官の運動、喉の冷却刺激、食事形態の調整、適切な食事方法の指導などを実施します。

当院の特色

  1. 言語聴覚士が摂食・嚥下チームのメンバーとしても活動しています。また、他の医療職と協働して評価を行い、主治医・看護師への提言を行うこともあります(『摂食・嚥下チームの紹介』参照)。症状に応じて耳鼻咽喉科医師による内視鏡(VE)検査、リハビリ科医師による嚥下造影(VF)検査を行います。
  2. 復職を目標としている患者さんには、各職種に沿ったリハビリテーション・支援を実施しています。

言語聴覚療法

摂食・嚥下チームの紹介

摂食・嚥下チームは、患者さんの摂食嚥下機能(食物を口に運んだり飲み込む機能)について正しく評価し、安全に口から食べる方法について情報提供することで患者さんの身体機能向上、生活の質の改善に寄与することを目標に活動しています。チームは医師、看護師、リハビリテーション技師、管理栄養士、歯科衛生士、薬剤師で構成され、院内ラウンドを週2回、カンファレンスを月2回実施しています。また、医療スタッフが摂食嚥下障害に関する知識を臨床現場で応用できるよう、研修会を主催しています。患者さんにとって最善な栄養摂取の方法や環境調整について医療者・ご家族様と情報共有し、患者さんの「口から食べたい」という想いを可能な限り実現していきたいと考えています。

摂食・嚥下チームの紹介

関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
(眼科のみ10:30まで)
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333