勤労者医療

勤労者医療
がん診療
地域連携
整形・スポーツ整形

「労働災害」、「職業病」から「勤労者医療」へ

労働災害や職業病への対応を直接の役割としてきた労災病院が地域の中核病院として発展し、また、産業構造や就業構造の変化が進む中で、その新たな役割を示す概念として、より膨らみを持った「勤労者医療」という考えが登場しました。
「勤労者医療」とは、勤労者の健康と職業生活を守ることを目的として行う医療及びそれに関連する行為の総称です。 一般的に「労災」というと、危険作業による外傷をイメージされる方が多いと思いますが、近年はその概念がメンタルヘルスや生活習慣病にまで広がりつつあります。そのため、これまで整形外科が中心であった労災病院もまた、広い意味で働く人の勤労者医療をとらえて診療に取り組んでいます。関東労災病院も、労働災害だけに留まらず、一般の急性期医療からリハビリテーションまで幅広い医療を提供し、川崎市における中核病院として地域医療を担っています。

関東労災病院における勤労者医療

関東労災病院は、地域中核病院として総合的に医療を提供する一方で、労災病院として勤労者医療の中核的役割を担うため、働く人々の職業生活を医療の面から支えるという使命を負っています。関東労災病院は、「働く人と地域のために、患者中心の最善の医療を実施します」という病院の理念の実現のために、様々な取り組みを行っています。

専門センター

勤労者予防医療センタ-、勤労者リハビリテーションセンター、勤労者メンタルヘルスセンターなど、各種の専門センターを院内に備えております。

http://www.kantoh.johas.go.jp/center/tabid/102/Default.aspx

関東労災病院 治療就労両立支援センター

治療就労両立支援センターでは、勤労者向け健康相談、生活習慣予防・改善のための講演会の開催、産業医を対象とした研修会の実施といった3つの業務を主に実施することにより、治療と就労の両立を支援しています。

http://www.kantor.johas.go.jp/

勤労者医療調査票

労災病院では、入院患者さんを対象に「勤労者医療調査」を行っています。入院患者さんの職業歴等をお聞きすることにより、臨床医学及び疫学の両面から働く人たちの職場環境及び日常生活習慣が健康に及ぼす影響を研究し、疾病の診断治療、予防と健康管理に資することを目的としています。患者さんのプライバシーは厳重に保護いたします。入院の際にはご協力いただけますよう、お願いいたします。

関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
(眼科のみ10:30まで)
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333