薬剤部門業務

フロア業務(調剤室・注射室)

フロア業務の様子 フロア業務の様子

外来の患者さんのお薬は大部分が外の薬局でもらう院外処方ですので、入院されている患者さんのお薬の調剤が中心となっています。
処方された飲み薬、塗り薬、注射薬の量や使い方が適切であるかをチェックし、お薬を取り揃えて病棟に払い出しています。
処方医や病棟担当薬剤師に確認を行い、安全に医療が提供できるよう日々緊張感を持って業務を行っております。

製剤業務(無菌調製・抗がん剤調製を含む)

製剤業務の様子

当院では無菌製剤調製や抗がん剤調製を行っており、特に抗がん剤調製の件数は増加しつつあります。
抗がん剤は使い方が難しいお薬のひとつであるため、当院では事故防止のためあらかじめ院内の委員会で承認された治療を登録し、登録された治療以外はできない仕組みとなっています。
処方された抗がん剤がその患者さんに適しているか、投与方法や投与量は適正かなどを確認し、患者さんごとにファイルを作成し管理しています。
また、副作用軽減のために必要なお薬を主治医に提案し処方していただくこともしています。全て薬剤部で調製し、3重4重のチェックをしてから患者さんのもとへ届けられます。

医薬品情報業務

医薬品情報業務の様子

医薬品情報管理室(DI室)では、患者さんに医薬品を有効かつ安全に使用していただくために情報を収集・評価・加工して提供しています。


*具体的には下記の事項を行っています。
1. 医薬品に関する情報収集・評価・提供
2. 能動的な情報提供(DIニュースの作成など)
3. 医療従事者や患者さんからの質疑応答に対する情報提供
4. 副作用調査(病棟で発生した副作用報告の取りまとめ)及び厚生労働省への報告
5. 医薬品の購入や有効性・安全性などを検討する薬事委員会の事務局
6. 薬剤師臨床業務への支援
7. 学生・新人職員の教育とガイダンス

※データのダウンロードはこちら
 「 院外処方等 用法コード一覧」(EXCELファイル)

病棟薬剤業務

病棟薬剤業務の様子 病棟薬剤業務の様子2

日中は病棟に常駐して入院から退院までの薬剤管理を行っています。
直接ベッドサイドで入院前に飲んでいたお薬の聞き取りを行うことは勿論のこと、入院中に新しく始まったお薬の説明も行います。
また、適切な薬物治療を患者さんに提供するため処方の確認や医師や看護師などの他職種との連携も欠かせません。

関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
(眼科のみ10:30まで)
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333