リハビリテーション科(中央リハビリテーション部)

理念

「働く人と地域のために、患者中心の最善のリハビリテーションを実施します」

基本方針

1最善のリハビリテーションの実施
質の高い専門的なリハビリテーションを提供します
患者さんへの安全なリハビリテーションを実施します



2働く人に対する総合的なリハビリテーションの実施
社会復帰に向けた自立を支援していきます



3急性期リハビリテーションの実施
早期より多職種との連携による、適切なリハビリテーションを提供します

リハビリテーション部門について

リハビリテーション(理学療法・作業療法・言語聴覚療法)の対象

当院は地域の中核医療を担う急性期病院です。
このため、原則として、入院患者さんを中心( 入院主体)にリハビリテーションを実施しています。
あらかじめご了承ください。

特色

 当院リハビリテーション部門(科)は、昭和43年開設以来つちかわれた豊富な経験を持ち、日本でも先駆的役割を担ってきました。
現在は地域の中核病院として、疾病や外傷にて様々な障害を持った患者さんに対し、急性期リハビリテーションはもとより家庭復帰や復職(職場復帰)にいたるまで、幅広いリハビリテーションを展開しています。
リハビリテーション専門外来{身体障害者手帳申請(肢体不自由、音声言語、構音嚥下障害、精神障害高次脳機能障害分野)、障害年金書類作成、義足、義手、装具外来、嚥下評価(嚥下造影検査、嚥下内視鏡検査)、電気生理学的診断(針筋電図、誘発筋電図)、ボトックス治療、機能的電気刺激療法、経頭蓋磁気刺激治療}を実施しています。
詳しくは診療時間の項をご参照下さい。
勤労者リハビリテーションセンターとして障害を持った方の職場復帰の促進を大きなテーマに掲げ、個々の勤労者の方の復職相談を受け入れています。
また高度専門的なリハビリテーションを提供するための研究部門を兼ね備えています。

ガイドライン一覧

診療スタッフ

医師(Dr)
専 門
外 来
身体障害者手帳申請(肢体不自由、音声言語、構音嚥下障害、精神障害高次脳機能障害分野)、
障害年金書類作成、
義足、義手、装具外来、
嚥下評価(嚥下造影検査、嚥下内視鏡検査)、
電気生理学的診断(針筋電図、誘発筋電図)、
ボトックス治療、機能的電気刺激療法、経頭蓋磁気刺激治療
疾患の治療・評価・訓練の指示、合併症の治療、再発予防外来診療など
小山 浩永(こやま ひろなが)
**
役   職 部長
専 門 分 野
急性期リハビリテーション(脳卒中はじめ全般)
ボトックスによる内反尖足、槌指、股関節内転治療、手指機能改善など
機能的電気刺激治療
経頭蓋磁気刺激治療
嚥下リハビリ
電動義手
所 属 学 会 日本リハビリテーション医学会
日本摂食嚥下リハビリテーション学会
日本臨床内科医会   
専門医・指導医・認定臨床医
嚥下認定士
認定医
資   格
社会医学系 専門医・指導医
身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由、摂食嚥下言語、精神高次脳機能障害)
労働災害補償専門医
施設認定医(脳血管疾患、運動器、呼吸器、心大血管疾患、難病、がん患者リハビリテーション)
義肢装具判定医
難病指定医
ボトックス施術資格認定(上肢下肢痙縮、小児、痙性斜頸)
がんのリハビリテーション研修修了
肢体不自由、嚥下、言語等身障手帳認定
東海大学医学部解剖学教室客員講師
出 身 大 学
東海大学 昭和61年卒業
メッセージ 麻痺を少しでも改善させ、にぎる、つかむなどの機能を向上させるため、新しい治療法である機能的電気刺激治療や経頭蓋磁気刺激治療を行いますので、興味のある方は、お声をおかけ下さい。
神奈川県の電動義手指定病院ですので、これから義手をお作りになりたい方、修理等でお困りの方や興味のある方はお越し下さい。
論文や著書    


中央リハビリテーション部
理学療法士(PT)
専門性
理学療法(運動療法、物理療法、温熱療法)、身体機能評価、スポーツ疾患のリハビリテーション、脳卒中のリハビリテーション、整形外来疾患のリハビリテーション、心臓のリハビリテーション
有資格
日本理学療法士協会専門理学療法士(運動器)、スポーツ理学療法認定理学療法士、循環認定理学療法士、日本体育協会認定アスレチックトレーナー、呼吸療法認定士、福祉住環境コーディネーター、ケアマネージャー、心臓リハビリテーション指導士、がんリハ研修修了者など
作業療法士(OT)
専門性
作業療法(主に身体障害領域)、脳卒中をはじめとした中枢疾患・脊髄および手の外科などの整形外科疾患・がんや内部障害のリハビリテーション、日常生活動作評価・指導、福祉用具相談、退院前家庭訪問など
有資格
認定作業療法士、福祉住環境コーディネーター2級、ケアマネージャー、呼吸療法認定士、がんリハ研修修了者など
言語聴覚士(ST)
専門性
言語障害、構音・嚥下障害、高次脳機能障害においての評価とリハビリテーション
有資格
摂食嚥下リハビリテーション学会認定士、がんリハ研修修了者など

以下のスタッフもリハビリテーション科の一員です

臨床心理士(CP)
心理療法、知能検査・判定、カウンセリング
病棟
および
外来看護師
リハビリテーション病棟でのケアや日常生活動作訓練を具体的に指導、
退院後の生活指導、家族の介護指導、
リハビリテーション科外来の看護業務

代表的な疾患のリハビリテーションについて

特殊治療

義足義手、装具外来(水・金曜午後13:00-14:30)
車椅子外来(水曜午後13:00-14:30)
磁気刺激装置を応用した脳脊髄機能評価(金曜午後14:30-16:00)
磁気刺激装置を利用した脳卒中など手指機能回復、嚥下障害、失語症
高次脳機能障害、疼痛、うつ治療。(随時)
電気刺激を応用した機能回復装置の利用(随時)
在宅家屋調査(随時)
ボトックス治療(木曜日午前) (エコー、電気刺激を利用して、施行)
MAB、キシロカインなど各ブロック

手指機能を改善するための表面刺激電極装置の開発に関する研究
(主任研究者 小山 浩永 関東労災病院リハビリテーション科部長)

主な検査・医療機器

・等速性筋力測定器:Biodex system3、CYBEX2
・膝靭帯計測機器:Knee arthrometer KT-2000
・重心位置測定器:グラビコーダ等
・磁気刺激装置:Magstim 200(嚥下造影、嚥下内視鏡装置)
・機能的電気刺激治療装置(FES chⅡ)
・筋電記録装置(ニューロパック μ)

診療の実績

1治療実績

1.理学療法部門
(単位:人)
疾 患 H28年度 H29年度 H30年度
※ 脳血管疾患等 596 527 545
(脳血管疾患) 375 369 341
(頭部外傷) 89 54 65
(神経筋疾患) 55 43 54
(その他中枢疾患) 77 61 85
※ 廃用症候群 506 610 866
※ がん 290 466 598
※ 心大血管疾患 402 423 421
※ 呼吸器疾患 318 209 102
※ 運動器疾患 2,972 2,955 3,070
(脊椎疾患) 380 494 534
(肩関節疾患) 234 254 292
(大腿骨近位部骨折) 319 239 249
(変形性股関節症) 105 110 130
(変形性関節症) 100 119 158
(膝前十字靭帯損傷) 499 496 446
(アキレス腱断裂) 105 120 130
グラフをクリックすると拡大されます
理学療法部門年度別、新患者疾患別内訳グラフ2018


2.作業療法部門

(単位:人)
疾 患 H28年度 H29年度 H30年度
脳血管疾患 375 369 341
頭部外傷 89 54 65
神経筋疾患 55 43 54
その他中枢疾患 77 61 85
がん 394 515 668
心大血管疾患 18 8 7
脊椎疾患 96 96 96
骨折・切断 10 11 22
その他整形疾患 8 12 12
その他 195 51 759
合 計 1,317 1,220 2,109
グラフをクリックすると拡大されます
作業療法部門年度別、新患者疾患別内訳グラフ2018


3.言語療法部門

障害別内訳

(単位:人)
疾 患 H28年度 H29年度 H30年度
摂食・嚥下障害 550 580 604
失語症 63 68 66
高次脳機能障害 131 194 187
運動障害性構音障害 115 169 190
音声障害 5 32 13
認知症 118 190 225
顔面神経麻痺 8 2 17
合 計 990 1,235 1,302
※重複障害含む
グラフをクリックすると拡大されます
言語療法部門年度別、新患者疾患別内訳グラフ2018

摂食嚥下障害治療成績

栄養摂取方法の変化 H28
年度
H29
年度
H30
年度
割合 割合 割合
入院中に
経口摂取を開始
59% 51% 42%
入院中に
経口摂取を開始できなかった
14% 16% 20%
その他
(問題なし、食形態の調整のみ等)
27% 33% 38%
合 計 100% 100% 100%
グラフをクリックすると拡大されます
摂食嚥下障害治療成績(平成28年度) 摂食嚥下障害治療成績(平成29年度) 摂食嚥下障害治療成績(平成30年度)


4.その他

転帰別内訳

(単位:%)
内 訳 H28年度 H29年度 H30年度
自宅/施設 77% 76% 82%
転院(回復期) 11% 15% 9%
転院(維持期) 11% 6% 6%
一般病院 2% 4% 3%
合 計 100% 100% 100%
データは作業療法対象者のデータをもとに作成。
その他は、転記先未決定、介入期間中治癒等で終了、死亡者を含む。
グラフをクリックすると拡大されます
転帰別内訳グラフ2018


2研究発表等(H30年度分)

1. 学会発表等

発 表 者 発 表 内 容
中山 誠一郎,今屋 健,田中 龍太,深井 厚,眞田 高起 アキレス腱再建術後の足関節下垂位角度と片脚ヒールレイズの高さについて,
第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,
2018.6.14-16,福岡
田中 龍太,今屋 健,中山 誠一郎,志田 峻哉,深井 厚,眞田 高起,他 当院におけるACL再建術後の競技復帰に対する自覚的回復度に与える因子の検討,
第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,
2018.6.14-16,福岡
今屋 健,田中 龍太,深井 厚,眞田 高起 前十字靱帯(ACL)再建術後の良好な膝伸展筋力回復のための要因について,
第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,
2018.6.14-16,福岡
勝木 秀治 機能解剖に基づく肩関節の理学療法,
第101回福岡県理学療法士会学術研修会,
2018.6.18,福岡
今屋 健 下肢運動器疾患の評価セミナー,
理学療法士講習会(応用編),
2018.7.7,熊本
吉岡 了,榊原 俊亮,伊藤 麻美,遠藤 康平,戸渡 敏之,並木 敦郎,柴田 正行,華山 直二 当院における心疾患患者の復職状況の調査と身体機能について,
第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,
2018.7.14-15,横浜
榊原 俊亮,吉岡 了,伊藤 麻美,遠藤 康平,戸渡 敏之,並木 敦郎,柴田 正行,華山 直二 当院の心筋梗塞患者に対する入院期間の短期化が外来参加に及ぼす影響,
第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,
2018.7.14-15,横浜
並木 幹子,岩尾 武宜 "急性期病院における両立支援,-高次脳機能障害を有する2事例の加入から-",
第52回日本作業療法士学会,
2018.09.7-10,名古屋
岩尾 武宜 "褥瘡を再発した脊髄損傷者に対する作業療法の経験,―自立した生活を送っていた2事例を通して― ",
第52回日本作業療法士学会,
2018.09.7-11,名古屋
岩尾 武宜(座長) 脳血管疾患等7,
第52回日本作業療法士学会,
2018.09.7-13,名古屋
金子 美鈴 "緩和期の若がん事例の生きるを支援する -母として家族のために-",
第52回日本作業療法士学会,
2018.9.7-9,名古屋
野村 真弓,金子 美鈴 当院における乳がんリハビリテーション外来の現状と今後の検討について,
第52回日本作業療法士学会,
2018.9.7-12,名古屋
勝木 秀治,他 肩関節回旋運動における上腕二頭筋の運動に関する解剖学的検討,
第15回肩の運動機能研究会,
2018.10.19-20,大阪
勝木 秀治(座長) 【ショートトーク2】腱板断裂2,
第15回肩の運動機能研究会,
2018.10.19-20,大阪
吉岡 了 検査値データとレントゲンの見方とリハビリへの活用
理学療法士・作業療法士研修,
2018.11.1,川崎
若林 知恵子,戸渡 敏之,上新 渉,橋本 昂史朗,水沼 大輔,井上 祐梨,岩尾 武宜,金子 美鈴,野村 真弓,並木 幹子,長澤 のぞみ 当院における急性期脳卒中患者に対する早期介入への取り組み,
第16回日本神経理学療法学会学術大,
2018.11.10-11,大阪
田中 龍太,今屋 健,勝木 秀治,藤島 理恵子,中山 誠一郎,志田 峻哉,戸渡 敏之,眞田 高起,深井 厚,他 アキレス腱縫合術後の片脚ヒールレイズ獲得のための因子の検討,
第5回日本スポーツ理学療法学会学術大会,
2018.12.8-9,東京
勝木 秀治(座長) 【一般演題5】1-O-5 変形性膝関節症,
第6回日本運動器理学療法学術大会,
2018.12.15-16,福岡
西島 菜穂子 パーキンソン病の言語療法,
2019.1.17,東京
藤島 理恵子 アスレティックリハビリテーション~当院での術前術後リハについて 現場での徒手検査法,
花田学園AT専攻,
2019.1.26,東京
今屋 健 "スポーツ選手を診るうえでの心構え 膝運動療法の臨床技術",
佐賀県スポーツ理学療法講習会,
2019.2.10,佐賀

2.著書・学術論文等

著 者 学術論文等
Shuji Katsuki,Ryuta Tanaka,at el Variation in origin of the long head of the biceps brachii tendon ina cadaver:
A case report,Medicine,
97:20(e10708),2018
勝木 秀治 肩関節の機能解剖と病態把握のための基本的知識,
日本赤十字リハビリテーション協会誌
第32号:22~31 2018
今屋 健,志田 俊哉 膝関節の機能解剖とリハビリテーション,
日本赤十字リハビリテーション協会誌,
第32号:32~39,2018
今屋 健,田中 龍太,志田 俊哉,深井 厚,眞田 高起 前十字靱帯再建術後の正座姿勢獲得を目標とした踵殿間距離の経時的な評価,
日本臨床スポーツ医学会誌,
27(1):97~102,2019
今屋 健,田中 龍太,中山 誠一郎,深井 厚,眞田 高起,他 前十字靱帯(ACL)再建術後の良好な膝伸展筋力回復のための要因について,
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌,
Vol.44,No.1,2019
中山 誠一郎,今屋 健,田中 龍太,深井 厚,眞田 高起,他 アキレス腱再建術後の足関節下垂位角度と片脚ヒールレイズの高さについて,
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌,
Vol.44,No.2,2019

3. 当院スタッフによる執筆書籍

著 者 学術論文等
今屋 健 "運動器診療Next Decadeにつながるエッセンス,膝関節運動療法の臨床技術",
文光堂,第1版,第1刷,2018
今屋 健,田中 龍太 "膝関節障害とそのリハビリテーション,前十字靱帯再建術後のリハビリテーション",
編集:福林徹 武富修治,アスレティックリハビリテーションガイド,
文光堂,第2版,176~185,2018
今屋 健,田中 龍太 ACL再建術後の競技復帰と筋力回復-性別とスポーツレベル別による検討-,
特集編集:吉矢晋一,臨床スポーツ医学
特集:ACL損傷 -予防,治療,手術から競技復帰まで-,
文光堂,Vol.35(4),404-411,2018

4. 新聞

著 者 学術論文等
今屋 健 患者を生きる・スポーツ「アキレス腱断裂」,
朝日新聞,2018.6.17


関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
(眼科のみ10:30まで)
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333