狭心症、心筋梗塞を治療する冠動脈バイパス手術について

胸の辺りがギューッと締め付けられるような症状がでたら要注意

心臓は全身に血液を送り出している縁の下の力持ちのような臓器ですが、その心臓だって、元気に拍動するためにはエネルギー源である血液供給が必要です。その血液供給の役割を果たしているのが冠動脈という血管です。

冠動脈の図

冠動脈は右側に一本(右冠動脈)、左側には大きく二又に分かれて(左前下行枝、回旋枝)分布しています。

その冠動脈が、動脈硬化により狭くなったり、詰まってしまうのが狭心症や心筋梗塞と呼ばれる病気です。
冠動脈に狭いところがあるのが狭心症で、そこが完全に詰まってしまったのが心筋梗塞とお考えいただければよいと思います。

駅の階段を上ったり、仕事をしているときに胸の辺りがギューッと締め付けられるような症状がでたら要注意です。
とくに、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病をお持ちの方は一度精密検査をお受けになるのをお勧めします。
放っておくと完全に心筋梗塞となり、命に関わります。

冠動脈バイパス手術とは

心筋梗塞になってしまってから治療をするよりも、まだ狭心症のうちに治療を始める方がよほど結果が良いのは言うまでもありません。
検査の結果、程度の軽い場合は飲み薬によって経過観察となりますが、それでは対応できないときにはカテーテル治療か冠動脈バイパス手術が必要となります。

動脈を3本用いたバイパス手術

一般的に手術が必要となるのは、多枝病変(治療の必要なところがいくつもある)、左主幹部病変、冠動脈が曲がっていてカテーテル治療に向かない場合、などです。

冠動脈バイパス手術では、人工心肺という、手術中に心臓の代わりをしてくれる機械を使って行う従来からあるやり方に加え、最近では人工心肺を使わない心拍動下バイパス手術(オフポンプ・バイパス手術)があります。

私たちは患者さんの全身状態に応じて、どちらの手術法がよいのか検討した上で、最適と思われる手術内容を提案させていただいております。

その他の治療

1 狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患
  狭心症、心筋梗塞を治療する冠動脈バイパス手術について
 
2 動脈硬化やリウマチ熱などにより心臓の弁膜が痛んでしまう弁膜症
  弁膜症を治療する弁形成術、弁置換術について
  部屋と部屋を区切っているドアのようなもの
 
3 動悸・息切れの原因になる不整脈
  不整脈を治療するメイズ手術について
 
4 大動脈がこぶのようにふくれてしまって破れかかっている大動脈瘤
  大動脈瘤を治療する人工血管置換術について
  ステントグラフト内挿術について


関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
(眼科のみ10:30まで)
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333