中央放射線部

当部は病院の中では中央部門の一つになり、現在の医療の現場において必要とされる医用画像と治療を各診療科に提供しています。当院の中央放射線部は診療放射線技師30名により放射線業務に従事しています。

当院の放射線業務は
  1. X線検査部門
    胸部・腹部・骨などのX線写真を撮ります
  2. X線透視部門
    胃・大腸などの検査をおこないます
  3. CT部門
    X線を利用して身体の断面を撮影します
  4. MR部門
    磁場を用いて身体の断面を撮像します
  5. 血管撮影部門
    血管内に細い管(カテーテル)を入れ、造影剤を注入して血管を描出し診断および治療をおこないます
  6. 核医学部門
    ガンマ線と言う放射線を放出する放射性同位元素(RI)を利用して、臓器の機能、形態や病変の部分を見つける検査及び診断をおこないます
  7. 放射線治療部門
    がん細胞を死滅させるために高エネルギーの放射線(X線や電子線)を利用して、放射線をがん病巣に照射して治療をおこないます
から構成されており、各分野には先端の放射線機器を整備し、放射線に習熟した技師が担当して画像の提供及び治療に従事しております。
X線検査部門 X線撮影室4室、歯科撮影室1室、乳房撮影室1室
X線透視部門 透視検査室2室(1階)、内視鏡センター室1室(2階)
CT部門 64列CT室2室
MR部門 1.5TMR室1室、3.0TMR室1室
血管撮影部門 汎用型装置室1室、心カテ装置室1室
核医学検査部門 全身用SPECT/CT 装置1室
放射線治療部門 高エネルギー照射治療室1室、治療計画用CT・透視装置1室

保有機器

1.5T MRI(1台)、3.0TMRI(1台)、64列マルチスライスCT(2台)、 FPD搭載デュアルプレーン血管撮影装置、FPD搭載心血管用血管撮影装置、FPD搭載多目的透視装置、寝台回転対応多目的装置、FPD搭載一般撮影装置(3台)、FCR乳房撮影装置、16ch MDCT搭載SPECT/CT 装置、リニアック治療装置

FPD搭載一般撮影装置 64列マルチスライスCT 64列マルチスライスCT
FPD搭載一般撮影装置 64列マルチスライスCT 64列マルチスライスCT


FPD搭載多目的透視装置


3.0T MRI


PFD搭載デュアルプレーン
血管撮影装置
FPD搭載多目的透視装置 3.0T MRI PFD搭載デュアルプレーン血管撮影装置


1.5T MRI


16ch MDCT搭載SPECT/CT 装置


乳房撮影装置
1.5T MRI 16ch MDCT搭載SPECT_CT 装置 乳房撮影装置


リニアック治療装置
リニアック治療装置



最新鋭マンモグラフィ装置



GE社製Senographe PristinaTM の導入

乳癌罹患に対する早期発見の重要性が増している近年、当院でも乳腺疾患に対する高い医療の提供を目指し、マンモグラフィ装置を更新しました。 本装置は受診者の快適さを追求し、痛みをはじめ受診者が感じる不快感を取り除き、快適に検査を受けられる工夫が施されています。さらに、無理のない姿勢でのポジショニングを装置がサポートすることで、車いすのかたでも負担なく撮影でき、あらゆる層の受診者に対応することが可能となりました。



トモシンセシスとマンモトーム生検

トモシンセシスは乳腺の重なりの少ない断層画像を得ることができる検査です。2Dと同等の線量で実現させた3D(デジタル・ブレスト・トモシンセシス)機能を新規導入することで診断能の向上に貢献する環境を整備しました。 また、新たに新設した撮影室は、ステレオガイド下マンモトーム生検システムにも対応可能で、安全で迅速かつ正確な生検を実施することが出来ます。








乳腺疾患に特化した環境と専用待合室

新設の検査室は、温かみのある雰囲気やBGMなど、受診者のかたにリラックスして検査を受けていただけるようホスピタリティの向上にも取り組みました。 当院では、乳腺専門医・検診マンモグラフィ読影認定医師・検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師による管理のもと、安心して受診していただける万全の体制を整えています。地域医療連携におきましても、ブレストセンターを積極的に利用していただくことにより、高い水準の医療を提供できることと考えています。






放射線検査について最適化への取り組み

 中央放射線部では、疾病の発見、治療方針の決定、病気の経過観察など現代医療に欠かせない放射線を扱う部門として科学的根拠に基づく医療(EBM)により、正当化と放射線防護の最適化が必須であると共に、放射線検査の線量を、有益な医学的情報を得られる範囲でできるだけ低く抑える事に努めています。
その取り組みとして
  1. 検査装置の機器管理メンテナンスプログラムの作成
  2. 最新検査機器への更新プログラム
  3. 検査線量の把握(シュミレーションソフトの活用等)
  4. 各種講習会、関係学会への参加、情報収集など

関東労災病院における医療放射線被ばく線量

一般撮影検査
一般撮影検査

関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
(眼科のみ10:30まで)
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333