外科・消化器外科

診療体制(内容)

悔過の入院患者さんは年間で約800人ですが、約半数は悪性腫瘍(癌)の患者さんで、当科が最も治療に力を入れている分野です。
年間に約600件の手術がありますが、腹腔鏡手術も積極的に取り入れており、消化器外科では胆石症、大腸癌、胃癌などの適応症例に施行しています。また急性虫垂炎や鼡径ヘルニア、腸閉塞などの良性疾患にも適応を広げています。傷が小さく術後の痛みも軽いだけでなく、身体への負担も少なく入院日数も短くすることができます。
外来は月~金曜の午前および月曜・金曜の午後に行なっています。外科で扱うほぼすべての疾患に対応可能な総合外来であり、同時に消化管外科、肝胆膵外科、乳腺外科などの専門外来にも対応しています。予約制ですが紹介状を持参していただいた患者さんには関しては、当日の診察が可能です。また緊急性のある患者さんにも随時迅速に対応しています。
ブレストセンターでは、乳腺の専門外来を月曜・水曜の午後に行なっております。また、肝胆膵疾患にも専門家がおり、より充実した診療を行なう体制ができています。
通院での抗癌剤治療(外来化学療法室にて)も、おもに胃癌や大腸癌、乳癌などを中心に積極的に多数の患者さんに対して行なっています。また術後のフォローアップ体制も充実しています。さらに当院では腹膜播種を伴う4期進行胃癌に対する先進医療としてタキサン系抗がん剤の腹腔内投与を併用した化学療法にも対応しています。

治療方針

超音波検査、マンモグラフィーなどは即日行えますし、CT.検査や内視鏡検査(胃や大腸)は予約制ですが緊急性があれば即日行います。早く正確に診断を行い、速やかに適切な治療を行うのが当院外科の治療の特長といえます。
予定手術の入院治療にはクリニカルパスを導入しています。手術を受ける患者さんは術前に外来でほとんどの検査を済ませ、特別な合併症がなければ手術前日の入院となります。平均在院日数は13日程度であり、医療費の軽減にも役立っています。
救急疾患は随時受け入れてます。年間約150件の救急手術(腹膜炎、腸閉塞、腹腔内出血など)を行っています。

診療科の特色(得意分野)

消化器外科: 主に胃・大腸・肝臓・胆嚢・胆管・膵臓など腹部疾患
乳 腺 外 科: 乳癌、乳腺腫瘍、急性乳腺炎など
一 般 外 科: ヘルニア、肛門疾患、体表、外傷など
救 急 外 科: 消化管出血、腹部外傷、急性虫垂炎、穿孔性腹膜炎など
超音波ガイド下穿刺術(PTCD、膿瘍穿刺、腹腔・胸腔ドレナージ術)
腹腔鏡下大腸・胃切除術
内視鏡下胃瘻造設術(PEG、PTEG)

先進医療・患者申出療養について

当科では、腹膜播種を伴う進行胃癌に対する先進的な取り組みとして、抗がん剤の腹腔内への投与を併用した治療法を受ける選択肢があります。

【先進医療B】
○ 告示番号52: 「mFOLFOX6及びパクリタキセル腹腔内投与の併用療法 胃がん(腺がん及び腹膜播種であると確認されたものであって、抗悪性腫瘍剤の経口投与では治療が困難なものに限る。)」
○ 告示番号32: 「術前のTS-1内服投与、パクリタキセル静脈内及び腹腔内投与並びに術後のパクリタキセル静脈内及び腹腔内投与の併用療法 根治切除が可能な漿膜浸潤を伴う胃がん(洗浄細胞診により、がん細胞の存在が認められないものに限る。)」           
○ 告示番号74: 「S-1内服投与、シスプラチン静脈内投与及びパクリタキセル腹腔内投与の併用療法」           
【患者申出療養】
「パクリタキセル腹腔内投与及び静脈内投与並びにS―1内服併用療法 腹膜播種又は進行性胃がん(腹水細胞診又は腹腔洗浄細胞診により遊離がん細胞を認めるものに限る。)」


問い合わせ先(責任医師): 秀村 晃生(ヒデムラ アキオ) 

※本治療法に関する詳細は、下記リンク先を参照して下さい。
先進医療の各技術の概要
  出典:厚生労働省ホームページ
  
先進医療を実施している医療機関の一覧
  出典:厚生労働省ホームページ
  
患者申出療養の概要について
平成28年4月 患者申出療養制度がスタート(pdf)
  出典:厚生労働省ホームページ
  
患者申出療養を実施している医療機関の一覧
  出典:厚生労働省ホームページ
  
胃癌腹膜播種に対する新しい治療
  出典:東京大学 腫瘍外科



主な検査と医療機器

超音波検査(腹部、乳腺)、内視鏡検査(食道、胃、十二指腸、大腸)、腹部胸部CT検査、CT下生検、マンモグラフィー、胃透視検査、注腸造影検査、MRI、血管造影

診療実績

手術名称名 2017度
件数
1 鼠径ヘルニア手術 88
2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 68
3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 50
4 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 35
5 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 31
6 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 20
7 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 20
8 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 19
9 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 18
10 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 15
11 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 13
12 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 12
13 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(開腹) 12
14 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 11
15 肝切除術(部分切除) 11
16 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 11
17 人工肛門造設術 10
18 腹腔鏡下結腸切除術(小範囲切除、結腸半側切除) 10
19 腸管癒着症手術、腸閉塞症手術(腸管癒着症手術) 9
20 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 8
MDC6名称 2017年度
件数
1 胃の悪性腫瘍 129
2 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 110
3 鼠径ヘルニア 110
4 乳房の悪性腫瘍 102
5  虫垂炎 72
6 ヘルニアの記載のない腸閉塞 61
7 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 60
8 胆嚢水腫、胆嚢炎等 32
9 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 32
10 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 23
11 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア 18
12 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く) 16
13 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 14
14 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 13
15 膵臓、脾臓の腫瘍 11
16 食道の悪性腫瘍(頸部を含む) 6
17 胆管(肝内外)結石、胆管炎 5
18 非ホジキンリンパ腫 5
19 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴うもの) 5
20 後腹膜疾患 4

関東労災病院 外科統計

胃癌stage別生存曲線
胃癌stage別 累積生存率

大腸癌stage別生存曲線
大腸癌stage別 5年生存率

ガイドライン一覧


   ● 外科診療ガイドライン(pdf)


診療スタッフ

石丸 正寛 (いしまる まさひろ)
**
役   職 部長
専 門 分 野
胃癌、消化器癌の手術
超音波ガイド下穿刺術
上部消化管内視鏡
所 属 学 会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本胃癌学会
日本肝臓学会
日本臨床外科学会
日本医療安全学会
日本職業・災害医学会
日本がん治療認定医機構
専門医・指導医
専門医・指導医
専門医・指導医
  
専門医
  
  
評議員  
認定医
資   格
社会医学系専門医・指導医
日本医師会認定産業医
出 身 大 学
東京大学 昭和54年卒業
メッセージ 当外科では患者さんへの上質な医療の提供を常に心がけています。
 スタッフは11人で、おのおのは専門分野を持っていますが、救急や他科にまたがる領域の幅広い知識や手技もほぼ全員が対応できるようにトレーニングしており、活用するよう努力しています。
 超音波検査、マンモグラフィーなどは即日行えますし、CT検査や内視鏡(胃や大腸)は予約制ですが緊急であれば即日行います。早く正確に診断を行い、速やかに適切な治療を行うのが当院外科の治療の特長といえます。

 年間700~750件の手術を行なっています。腹腔鏡手術を積極的に取り入れており、平成29年は胃癌手術80%、大腸癌手術87%を腹腔鏡下で施行しています。虫垂炎はほぼ100% 腹腔鏡で行なっています。
術後の在院日数も外科入院患者全体での平均在院日数は10~11日です。
論文や著書
超高齢者大腸癌における栄養指標と術後合併症の解析 第113回日本外科学会 2013.4 福岡:(米山さとみ), 四元拓真, 長澤伸介,岡田一郎,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛
化学療法後に肝切除を施行した大腸癌多発肝転移の経験 第3回川崎東部大腸癌懇話会 2013.7.30 川崎: 日吉雅也, 四元拓真,長澤伸介,伊達博三,岡田一郎,田嶋勇介,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛
切除不能胃癌に対する腹腔鏡下胃空腸バイパス術の有用性 第45回 神奈川県胃癌治療研究会 2013.12.7 横浜: 伊達博三,田嶋勇介,三宅弘章,四元拓真,長澤伸介,日吉雅也,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛
勤労者の視点から見た術後補助化学療法施行前後の終了複軌に関する検討 平成25年度全国労災病院外科研究会 2014.1.17 川崎: 四元拓真,三宅弘章,長澤伸介,伊達博三,日吉雅也,田嶋勇介,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛
鈴木 宏幸 (すずき ひろゆき)
**
役   職 部長
専 門 分 野
消化管外科(胃癌・食道癌・大腸癌)
乳腺外科
その他一般外科            
所 属 学 会 日本胃癌学会
日本消化器外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本食道学会
日本外科学会
日本静脈経腸栄養学会
日本乳癌学会
日本臨床外科学会
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会
日本がん治療認定機構
  

  
  
専門医
認定医

           
検診マンモグラフィ読影医
認定医
資   格
 
出 身 大 学
東京大学 昭和63年卒
メッセージ わかりやすい説明で、患者さんに納得のいくような説明をこころがけています。
論文や著書
超高齢者大腸癌における栄養指標と術後合併症の解析 第113回日本外科学会 2013.4 福岡:(米山さとみ), 四元拓真,長澤伸介,岡田一郎,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛
化学療法後に肝切除を施行した大腸癌多発肝転移の経験 第3回川崎東部大腸癌懇話会 2013.7.30 川崎:日吉雅也, 四元拓真,長澤伸介,伊達博三,岡田一郎,田嶋勇介,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛
切除不能胃癌に対する腹腔鏡下胃空腸バイパス術の有用性 第45回 神奈川県胃癌治療研究会 2013.12.7 横浜:伊達博三,田嶋勇介,三宅弘章,四元拓真,長澤伸介,日吉雅也,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛
勤労者の視点から見た術後補助化学療法施行前後の終了複軌に関する検討 平成25年度全国労災病院外科研究会 2014.1.17 川崎:四元拓真,三宅弘章,長澤伸介,伊達博三,日吉雅也,田嶋勇介,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛


秀村 晃生(ひでむら あきお)
**
役   職 部長
専 門 分 野
消化器外科
外科代謝栄養
所 属 学 会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本静脈経腸栄養学会
日本外科代謝栄養学会
日本胃癌学会
指導医
  
学術評議員
評議員
           
資   格
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会修了
Total nutrition therapy 研修会修了
災害派遣医療チーム研修修了 
出 身 大 学
東京大学 平成5年卒業
メッセージ  
論文や著書
秀村晃生: 絶対に必要な医学の基礎知識 大腸がん、がん患者のこころに寄り添うために サイコオンコロジーの基礎と実践 ナース編、18-21、大木桃代編、真興交易(株)医書出版部、東京、2010、
秀村晃生: 絶対に必要な栄養管理の基礎知識、がん患者のこころに寄り添うために サイコオンコロジーの基礎と実践 ナース編、118-123、大木桃代編、真興交易(株)医書出版部、東京、2010、
秀村晃生、
名川弘一:
発癌と食事の関連を考える-大腸腫瘍を中心に. G.I.Research16: 513-520, 2008.


田嶋 勇介(たじま ゆうすけ)
**
役   職 部長
専 門 分 野
消化器がん手術
腹腔鏡下手術(胃がん・大腸がん・鼠径ヘルニアなど)
所 属 学 会 医学博士
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本食道学会
日本胃癌学会
日本臨床外科学会          
指導医
指導医
技術認定取得(胃)
  
  
資   格
昭和大学消化器・一般外科兼任講師 
出 身 大 学
昭和大学   平成5年卒業
メッセージ 「患者さんに寄り添い、質の高い医療を提供する」を目標として、日々頑張っています。
どうぞよろしくお願いいたします。 
論文や著書
化学療法後に肝切除を施行した大腸癌多発肝転移の経験 第3回川崎東部大腸癌懇話会 2013.7.30 川崎:日吉雅也, 四元拓真,長澤伸介,伊達博三,岡田一郎,田嶋勇介,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛
切除不能胃癌に対する腹腔鏡下胃空腸バイパス術の有用性 第45回 神奈川県胃癌治療研究会 2013.12.7 横浜:伊達博三,田嶋勇介,三宅弘章,四元拓真,長澤伸介,日吉雅也,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛
勤労者の視点から見た術後補助化学療法施行前後の終了複軌に関する検討 平成25年度全国労災病院外科研究会 2014.1.17 川崎:四元拓真,三宅弘章,長澤伸介,伊達博三,日吉雅也,田嶋勇介,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛
(1) Tajima Y, Murakami M, Kusano M, et al. Sentinel node mapping guided by indocyanine green fluorescence imaging during laparoscopic surgery in gastric cancer. Ann Surg Oncol 2010; 17: 1787-1793.
(2) Tajima Y, Murakami M, Yamazaki K, et al. Risk factors for lymph node micrometastasis from gastric cancers with submucosal invasion. Ann Surg Oncol 2010; 17: 1597-1604.
(3) Tajima Y, Yamazaki K, Kusano M, et al. Sentinel node mapping guided by indocyanine green fluorescence imaging in gastric cancer. Ann Surg 2009; 249:58-62.
(4) Tajima Y, Yamazaki K, Kusano M, et al. Gastric and intestinal phenotypic marker expression in early differentiated-type tumors of the stomach: clinicopathologic significance and genetic background. Clin Cancer Res 2006; 12: 6469-6479.
(5) Tajima Y, Yamazaki K, Kusano M, et al. Gastric and intestinal phenotypic marker expression in gastric carcinomas and recurrence pattern after surgery: Immunohistochemical analysis of 213 lesions. Br J Cancer 2004; 91: 1342-1348


坂田 宏樹(さかた ひろき)
**
役   職 副部長
専 門 分 野
肝胆膵外科
消化器・一般外科
所 属 学 会 医学博士
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本肝臓学会
日本肝胆膵外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化器病学会
日本超音波医学会
日本臨床外科学会
日本がん治療認定医機構

  
  
指導医・専門医
専門医・消化器がん外科治療認定医
専門医
評議員  
  
  
  
  
がん治療認定医
  
検診マンモグラフィ読影認定医
資   格
出 身 大 学
東京大学 平成10年卒業
メッセージ 消化器の中でも、特に肝胆膵領域の疾患は、診断・治療が困難であることも時にありますが、患者さん一人一人の状態に見合った安全性と根治性のバランスのとれた手術、および治療を提供したいと思います。
お気軽にご相談下さい 
論文や著書   


米山 さとみ(よねやま さとみ)
**
役   職 副部長
専 門 分 野
消化器外科
乳腺外科
消化管内視鏡
所 属 学 会 医学博士
日本外科学会
日本消化管学会
日本消化器内視鏡学会
日本癌治療学会
日本大腸肛門病学会
日本乳癌学会
日本乳房オンコプラスティック
    サージャリー学会
日本臨床腫瘍学会
日本臨床外科学会
日本静脈経腸栄養学会
日本消化器外科学会
日本がん治療認定医機構
  
  
  
  
  
専門医
指導医
専門医
  
指導医
乳腺認定医  
乳腺再建用エキスパンダー/インプラント実施医師
  
  
  
  
  
認定医
  
身体障害者福祉法 指定医(外科)
難病指定医
検診マンモグラフィ読影医   
資   格
NST医師修了
がんリハビリテーション研修修了  
出 身 大 学
秋田大学 平成11年卒業
メッセージ  
論文や著書
超高齢者大腸癌における栄養指標と術後合併症の解析 第113回日本外科学会 2013.4 福岡:(米山さとみ),四元拓真,長澤伸介,岡田一郎,秀村晃生,鈴木宏幸,石丸正寛


百瀬 博一(ももせ ひろかず)
**
 
役   職 医員
専 門 分 野
消化器外科
一般外科
所 属 学 会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本臨床外科学会
日本腹部救急医学会
外科専門医





資   格
出 身 大 学
杏林大学 平成22年卒業
メッセージ   
論文や著書   


横山 雄一郎(よこやま ゆういちろう)
**
役   職 医員
専 門 分 野
消化器外科
一般外科
所 属 学 会 医学博士
日本外科学会
     
専門医
資   格
出 身 大 学
東京大学 平成18年卒業  
メッセージ   
論文や著書   


阿部 健太郎(あべ けんたろう)
**
役   職 医員
専 門 分 野
外科一般
所 属 学 会 日本外科学会   
資   格
出 身 大 学
聖マリアンナ医科大学 平成28年卒業  
メッセージ   
論文や著書   


小俣 佳菜子(おまた かなこ)
**
役   職 医員
専 門 分 野
  
所 属 学 会 日本外科学会     
資   格
出 身 大 学
群馬大学 平成25年卒業
メッセージ   
論文や著書   







関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333