皮膚科

診療体制(内容)

初診・再診ともに(月)―(金)の午前8時15分から11時まで受け付けています。
原則として予約再診患者優先ですが紹介状持参の初診患者は診察が優先されます。

治療方針

クリニカルパス対象疾患の帯状疱疹や皮膚良性腫瘍患者をふくめ短期入院を主体に効率的な医療を実施しています。地域の医療機関からの紹介患者さんは検査や治療後は基本的に紹介元に逆紹介しています。

診療科の特色

公的病院として皮膚科全般にわたって正確な診断と適切な治療に取り組んでいます。
どの疾患でも病気の状態や治療法を患者さんや家族の方によく理解できるようわかりやすく説明したうえで治療します。特に尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、そして勤労者の方に多い足白癬・爪白癬の診断・治療にすぐれています。その他、帯状疱疹・接触性皮膚炎・円形脱毛症・ウイルス性のいぼ、蕁麻疹、巻き爪、皮膚腫瘍など皮膚にみられるすべての症状を対象としています。

お知らせ:
関東労災病院皮膚科は日本皮膚科学会の指定する重症乾癬への最新治療とされる抗体医薬療法実施可能施設に平成22年1月4日付けで登録(全国で500病院、平成29年3月現在)されました。現在、神奈川県内では約30病院が指定されておりますが、川崎市内では関東労災病院など数病院のみです。

1乾癬

乾癬は皮膚科の代表的な難治性慢性疾患ですが当科では軽症例では主としてビタミンD3配合剤軟膏の外用療法で、また、皮疹が体表面積の10%以上を占めるような重症例では、本人が承諾し事前スクリーニング検査で問題のない場合はレミケード点滴・ヒュミラ・ステラーラ・コセンティクス・トルツ・ルミセフ局注などといった最新の抗体医薬による治療を日本皮膚科学会のガイドラインに準拠して実施しています。
治療開始より3ヶ月で皮疹の80%以上がなくなるといった驚異的な効果があります。当科では患者さんの希望にあわせてどの治療でも対応可能です。

2掌蹠膿疱症

手や足の裏に膿疱ができる慢性で難治性の病気ですが当科では通常のステロイド軟膏やビタミンD3軟膏の外用療法のほかにも手足型Narrow band UVB 照射装置による最新の光線治療も可能です。

3アトピー性皮膚炎

希望者には簡単な血液検査で増悪因子を調査し、スキンケアなどの生活指導にも力をいれています。民間療法などのいわゆるアトピービジネスが社会問題にもなっていますが当科は日本皮膚科学会研修認定施設として皮膚科学会の診療ガイドラインに沿って標準治療をするよう心がけています。軽症例ではステロイド外用剤は最小限にとどめ保湿効果のある軟膏などで維持します。また、非ステロイドのプロトピック軟膏を積極的に用いて良好な治療結果を得ています。重症例では短期の入院治療や新薬のデュピクセントの局注による治療も可能です。

4帯状疱疹

帯状疱疹は早期に治療しないと神経痛が残ることが多いので顔面帯状疱疹などの重症の方は短期間入院して特効薬の抗ウイルス剤による点滴にて治療しています。

5皮膚真菌症・細菌感染症

勤労者医療をかかげる労災病院として足白癬(いわゆる水虫)、爪白癬、蜂窩織炎などの感染症には力をいれています。早期に職場復帰できるよう蜂窩織炎は短期間入院して抗生剤による点滴治療をしています。

6皮膚腫瘍

外来での手術は平日午後に予約枠を設けてあり母斑細胞母斑(ほくろ)や粉瘤の切除、陥入爪のフェノール法による治療などを毎週多数例行っています。平成28 年度の手術症例数は入院・外来合わせて約300例でした。基底細胞癌やボーエン病では皮膚正検で確定診断した後、入院して手術(切除や植皮)しています。ほくろ、いぼなどの良性腫瘍は美容的に配慮して炭酸ガスレーザーによる治療も行なっています。

医療機器

(A)全身型紫外線照射装置 8面からくまなく光線(UVA)を照射する装置で乾癬やアトピー性皮膚炎の治療に使用します。
(B)narrowband UVB照射装置 体用の部分照射型と手足用の水平照射型と小型局所照射型があり、掌蹠膿疱症や白斑、脱毛症の治療に使用します。全身型のnUVB照射装置はありません
(C)低出力レーザー照射装置 帯状疱疹後神経痛などの治療に使用します。
(D)炭酸ガスレーザー装置 レーザー光線によりほくろやいぼなどを蒸散させて治療します。
(E)ダーマスコピー あざやほくろなどの色素性病変の色素パターンを分析する装置です。足の裏のホクロの良性・悪性の鑑別などに役立ちます。

診療実績

 手術名称 2017年度
件数
1 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 24
2 全層植皮術(25cm2未満)  13
3 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)  9
4 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)  4
5 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満)  4
6 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 3
7 皮膚切開術(長径10cm未満)  3
8 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) 2
9 経尿道的尿管ステント留置術  1
10 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外、長径3cm未満) 1
11 皮膚皮下粘膜下血管腫摘出術(露出部、長径3cm未満) 1
12 皮膚皮下粘膜下血管腫摘出術(露出部以外、長径3cm~6cm未満) 1
13 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部、長径2cm未満) 1
14 皮膚悪性腫瘍切除術(広汎切除) 1
 MDC6名称 2017年度
件数
1 帯状疱疹  47
2 炎症性角化症  33
3 急性膿皮症  28
4 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)  24
5 皮膚の良性新生物  22
6 紅斑症  5
7 重症薬疹 5
8 湿疹、皮膚炎群  5
9 痒疹、蕁麻疹 4
10 疱疹(帯状疱疹を除く)、その類症 4
11 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 3
12 壊死性筋膜炎  3
13 黒色腫 2
14 敗血症 2
15 血管腫、リンパ管腫 2
16 薬疹、中毒疹 2
17 詳細不明の損傷等 1
18 性感染症 1
19 上部尿路疾患 1
20 骨髄炎(上肢以外) 1

ガイドライン一覧


   ● 皮膚科診療ガイドライン(pdf)


診療スタッフ

足立 真(あだち まこと)(日本皮膚科学会認定専門医)
**
役   職 部長
専 門 分 野
乾癬
アトピー性皮膚炎
真菌症
所 属 学 会 日本皮膚科学会
指導医  
資   格
臨床研修プログラム責任者講習修了  
出 身 大 学
東京大学 平成2年卒業
メッセージ 乾癬の抗体医薬治療のオピニオンリーダーとして今後はアトピー性皮膚炎の抗体治療にも取り組んでいきます。
論文や著書
Noda S, Mizuno K, Adachi M Treatment effect of adalimumab and infliximab in Japanese psoriasis patients: Results in a single community-based hospital J. Dermatol. ,Mar;39(3), 265-268, 2012
Taniguchi T, Noda S , Takahashi N, Yoshimura H, Mizuno K, Adachi M An observational, prospective study of monthly adalimumab therapy for disease maintenance in psoriasis patients: a possible new therapeutic option for good responders to the initial induction treatment. J Eur Acad Dermatol. Venereol. 2013 Nov;27(11):1444-1447
Takahashi N, Noda S, Taniguchi T, Adachi M Efficacy comparison of ustekinumab between anti-tumor necrosis factorαdrug naive and anti-tumor necrosis factorα drug resistant Japanese psoriasis cases Int.J. Dermatol. 2015 , (54) :1194-1198           
吉村英子、足立 真    インフリキシマブが奏功した頭部と爪に限局した乾癬     皮膚病診療:36(4):305-308, 2014          
北島麻耶子、須永真司、足立 真    生物学的製剤による乾癬治療の現状     日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌:9(1):12-15, 2015
石井 賢太郎(いしい けんたろう)
**
役   職 医員
専 門 分 野
皮膚科一般
皮膚外科
所 属 学 会 日本皮膚科学会
認定専門医
資   格
 
出 身 大 学
福島県立医科大 平成22年卒業
メッセージ どうぞよろしくお願いいたします。
論文や著書  


北島 摩耶子(きたじま まやこ)
**
役   職 医員
専 門 分 野
皮膚科一般
所 属 学 会 日本皮膚科学会
資   格
 
出 身 大 学
昭和大学 平成23年卒業
メッセージ   
論文や著書  


三尾 峻生(みつお しゅんき)
**
役   職 医員
専 門 分 野
  
所 属 学 会 日本皮膚科学会
資   格
 
出 身 大 学
群馬大学 平成28年卒業
メッセージ   
論文や著書  







関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
(眼科のみ10:30まで)
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333