糖尿病教育入院


  糖尿病患者さんが、糖尿病の本質を正しく理解し、食事や運動に気を配り、病態に応じた糖尿病治療薬を用いながら、糖尿病の療養を長期間続けることは患者さん自身の力が重要です。患者さん自身の力を引き出して強化するためには、専門的助言、サポートが必要ですが、そのためには一流アスリートにおけるトレーナーのような存在が必要です。糖尿病治療において、教育入院とは患者さんを糖尿病治療のゴール、すなわち、健康人と変わらない日常生活の質(QOL)、健康寿命を保つ目標に導くために専門医療スタッフからトレーニングを受けることといえるでしょう。食事療法における管理栄養士、運動療法における理学療法士、薬物療法における薬剤師、自己血糖測定を含めた検査に関する臨床検査技師、療養生活全般における看護師(糖尿病療養指導士)そして主治医が糖尿病の療養サポートチームです。わたしたちは教育入院を通してチーム医療を組んで患者さんあるいはご家族へ正しい知識の提供、実践方法についておはなしいたします。

従来、当院では7泊8日の日程で教育入院を組んでおりましたが、2017年6月より2泊3日の短縮コースに変更、より多くのかたに日本糖尿病学会教育認定施設での教育入院を受けていただけるようにいたしました。ぜひ、糖尿病とはじめていわれたかた、がんばっているつもりでも結果がうまくでないかた、最新の糖尿病の知識をブラッシュアップしたいかたなどお待ちしております。薬物療法(血糖管理パス入院)、合併症検査などは従来どおり別途実施しております。



(受診の仕方については「受診手続きについて」のHPをご参照下さい)



関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333