市販薬って効くの?

            丹羽一貴
           
- 正しい“薬”の知識で、スマートに「かぜ」をやっつけよう -
          
        感染症内科 副部長 丹羽一貴
感染症内科ホームページへ     薬   剤   部    杉沢拓磨
            

■「市販薬」って効くの?






「市販のかぜ薬は効き目が弱い」、「病院で出してもらった薬(かぜ薬、抗菌薬)の方が 良く効く」というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

そもそも「かぜ薬」とはどのような薬のことなのでしょうか?

一般にかぜ薬とは、熱を下げる「解熱薬」、頭痛やのどの痛みを和らげる「鎮痛薬」、鼻水を抑える「抗ヒスタミン薬」、咳止めや痰を出しやすくする薬剤、またこれらを一つの薬にまとめた「総合感冒薬」のことを指します。

これらの薬剤(専門用語で「対症療法薬」と言います)はどれも一般的に「かぜ」と呼ばれている様々なウイルス感染症によって現れるつらい症状を和らげて、「かぜ」が治るまでの療養期間を、薬の力を借りて少し楽にしのぐための薬です。決して「かぜ薬」が「かぜ」そのものを治してくれるわけではありませんので、極端に言うと、飲んでも飲まなくて、かぜが治るまでの期間は大差ないと認識されています。

また「対症療法薬」は、“市販薬”と“病院で処方される薬(処方箋医薬品)”とほぼ同じ成分が使用されています。例えば、冬になると流行するインフルエンザでは、高熱が出て、のどが痛くなって、関節が痛くなることがあります。それに対して、病院では、熱や痛みを和らげるために、解熱鎮痛剤としてアセトアミノフェン(商品名:カロナール®)という成分の薬をよく使用します。実はこのアセトアミノフェンは、市販されている解熱鎮痛剤の多くで、ほとんど同じ量が使用されています。すなわち、市販薬であっても、病院で処方される薬であっても、どちらを飲んでも効果はほとんど同じなのです。 

■「常備薬」のススメ
急な体調不良に備えて、常備薬を準備しておくことをお勧めします。「解熱鎮痛薬」、 「総合感冒薬」、「胃薬」、「整腸剤」、「抗アレルギー薬」は市販のものでも十分に効果が 期待できます。夜間・休日などで受診までに時間がある際には、これらの使用も御検討 下さい。 「かぜ」と思っていたら、思わぬ別の病気ということもありますので、あまり我慢しすぎることは禁物ですが、市販薬を上手に使って、自宅療養するのも良い選択肢のひとつなのではないでしょうか。
      
                      
 

 

感染症内科ホームページへ

関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333