上まぶたのたるみ ~眼瞼下垂~

            荻野浩希
           
   
          
        形成外科 部長 荻野 浩希
形成外科ホームページへ        
            


 歳を取ると皮膚が弛むのと同じように上瞼をつり上げる筋肉(眼瞼挙筋)と瞼の縁にある板(瞼板)との繋ぎも緩くなり瞼が挙りにくくなります。眼瞼下垂の顔つきは、単純に上瞼が下がり眠そうな目になるだけでなく、無理に瞼を挙げようとして眉毛が吊り上がり額に皺がよります。症状が進むと更に顎を突き出して物を見るようになります。
 最近では、眼瞼下垂が頭痛・肩こり、様々な不定愁訴、自律神経異常を引き起こすといわれています。眼瞼下垂の手術をすると視野が明るくなるばかりでなく、頭痛・肩こりなどの症状が楽になったと喜ばれる方も大勢いられます。
 
 眼瞼下垂の原因は、必ずしも加齢ばかりではありません。先天性もありますし、コンタクトレンズの長期着用でもおこります。また、重症筋無力症などの神経筋疾患、脳動脈瘤やくも膜下出血などの頭蓋内病変、眼瞼・眼の周囲の腫瘍や炎症でも起こります。眼瞼下垂の原因は様々ですので心配な場合は、お近くの眼科医で検査をお勧めします。 正常では、上瞼の縁は黒目(角膜)より2mm下にあります。これより瞳孔寄りに下がったら軽度の眼瞼下垂、瞳孔にかかると中等度、瞳孔の中央より下がると重度です。中等度以上になると視野が暗くなります。瞼をテープで吊り上げると視野が明るくなり楽になるときには、手術の適応となります。

 眼瞼下垂の手術は、余分な皮膚がある場合には、皮膚を切除し、緩んだ眼瞼挙筋と瞼の縁にある板(瞼板)を縫い付けたり、眼瞼挙筋を短縮したりして眼瞼を挙げる力を強くします。眼瞼をつり上げる筋肉の力がないときには、ふとももの腱膜を瞼板と額の筋肉(前頭筋)の間に移植し、額の筋力を利用して瞼を挙げるようにします。
手術の合併症は多いわけではありませんが、瞼の出血や挙上不足、逆に挙り過ぎて眼が乾燥する場合があります。術後は、瞼の周囲が紫色になり、数週間腫れることがあります。また、しばらく経つと瞼が下がり多少後戻りします。
 症状や瞼を吊り上げる筋力、筋肉・皮膚の弛みは個人差がありますので、手術法も1人ひとり違ってきます。術前に形成外科専門医と十分相談してから手術を受けて下さい。
眼瞼下垂
眼瞼下垂術後
   
こちらの特集は神奈川新聞に掲載された『大丈夫ですか?心と体』を当院ホームページ用に再構成したものです

 

形成外科ホームページへ

関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333