陥入爪と巻き爪

            荻野浩希
           
   
          
        形成外科 部長 荻野 浩希
形成外科ホームページへ        
            


 足の親指に爪がくい込んで困っている患者さんが大勢います。爪の角がゆびに刺さり感染して腫れ、ますます食い込みがひどくなり悪循環となります。症状が進むと爪の横に肉が盛り上がり、化膿して悪臭を放ちます。この状態が陥入爪です。
 
 手の爪は淵(爪の両端)が外に出ているのに対し、足の爪は淵がゆびの内側に入り込んでいます。手と同じつもりで足の爪を丸く切り、深爪をすると爪の端が十分に切れず、「とげ」ができます。この状態で幅の狭い靴を履いたり、ぶつけたりすると爪のとげが刺さり化膿して悪循環が始まります。
陥入爪の予防は深爪をしないことです。足の爪を切る時に爪の先の角をちょっとだけゆび先より出るように残します。こうすれば陥入爪はおこりません。
 陥入爪で痛みが出たときには、症状が軽ければ爪の角と皮膚の間に綿を詰めて当たっている爪を浮かせます。肉が盛り上がり化膿している時には、局所麻酔をして爪をやや大きめに斜めに切り、爪のとげが刺さらないようにします。どちらも爪が伸びて角がゆび先よりちょっと出れば再発しません。爪の幅が広く再発を繰り返す場合は手術を施すことになります。
ゆび先から見て爪の端が丸く内側に入り込むのが巻き爪です。ひどいと「の」の字になります。こちらは先の狭い靴が原因の一つです。また、爪の水虫や骨のできものが原因の場合もあります。巻き爪は自分では治せないので病院で治療します。

 近年、巻き爪の矯正には弾性の強いワイヤーを用いた治療が行われています。爪に小さな穴を二つ開けて、ワイヤーの両端が爪の下になり中央が爪の上になるように挿入します。ワイヤーが真っすぐに伸びようとする力を利用して爪を平らに矯正します。特徴は、痛みがないこと、入院する必要がなく不具合が生じたら取り外しも容易で、挿入も短時間でできることです。
 しかし、爪がある程度伸びていないとできませんし、爪が長く伸びるとワイヤーをつけ直さなければなりません。重症例では矯正に長期間かかります。ワイヤーを外すと再発する場合もありますが、その時は再挿入します。保険は適用されませんが、痛みがなく通院も頻繁ではないので最初の治療としてはお勧めします。実施している病院が限られますのでインターネットなどで調べてから受診して下さい。
陥入爪
巻き爪
陥入爪_巻き爪ワイヤー矯正
陥入爪
巻き爪
ワイヤー矯正
   
こちらの特集は神奈川新聞に掲載された『大丈夫ですか?心と体』を当院ホームページ用に再構成したものです

 

形成外科ホームページへ

関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333