女性外来を上手に利用するために

            星野寛美
           
   
          
        産婦人科 星野寛美
産婦人科ホームページへ        
            

これまでの3回で、女性外来の概要、性差医療の紹介、女性外来の種類についての説明をしました。 
最終回の今回は女性外来を上手に利用するための提案をしておきます。
 
 通院の便は、何と言っても、ご自宅あるいはお勤め先に近いに越したことはありません。ただ、ご本人の希望に合わない女性外来しか、近くにない、という場合もあります。 そのようなときには、とりあえず一度お近くの女性外来を受診してみて、その担当医あるいは担当の医療スタッフに、ご自分の希望する診療内容について、率直にご相談なさるのがいいでしょう。うまくすれば、ご希望に合う医療機関を紹介してもらえますし、少なくともどこに問い合わせると、ご希望の医療機関を探せるか、教えてもらえるでしょう。
  何と言っても、「自然に良くなる症状」もありますが、早期治療が必要な病気が隠れているかもしれません。ご希望に合わない医療機関であれ、とりあえず、治療を急ぐべき症状なのかどうかの見立てをしてもらっておくことは悪くないでしょう。
  よくありがちなことを申し上げますと、何となく診察を受けたくなくて、癌でありながら発見が遅くなり、診断がついた時には「末期癌」であったというケースが今でもあります。 「佳人薄命」などと決め込んで、癌を末期状態まで放置するよりも、充実した日を1日でも長く生きられるように病気は早期発見の方がいいのではないでしょうか? また、「充実した日なんてない」と決め込む方、ひょっとしたら心の不調の現れなのかもしれません。やはり1度女性外来でご相談なさっては、いかがでしょうか?

 まれではありますが、奥様の体調の悪さを見るに見かねて、旦那様がお申し込みになり、旦那様が付き添って、女性外来を受診なさる方もおられます。そんな利用法もある、ということで、ご理解下さい。
  人によっては、あちらこちらの大学病院も受診したけれど良くならなくて・・・、ということで来院なさる場合もあります。そのような方は、女性外来を受診なさるまでの経過を、年月の順にメモ書きにして受診されると、診療にあたる医師に喜ばれると思います。
  女性外来では、女性の皆様の健康のために、医療スタッフが日々模索しています。女性の皆様には、女性外来を上手に利用していただき、益々輝く日々を過ごしていただきたいと考えます。
こちらの特集は神奈川新聞に掲載された『大丈夫ですか?心と体』を当院ホームページ用に再構成したものです
 

 

産婦人科ホームページへ

関東労災病院

〒211-8510
神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
(最寄り駅:元住吉、武蔵小杉)
診療受付のご案内
月~金 8:15~11:00
(眼科のみ10:30まで)
病院代表番号(総合案内)
外来予約センター(初診)
再診予約(各診療科へ)
(平日14:00~16:30)
人間ドック予約
:044-411-3131
:044-435-5041
:044-411-3131

:044-434-6333